ラウンジレディの私生活

glass.jpg

古く思われがちなラウンジレディですが、今も高時給なおいしい職場です。
必要な資格や経験などは全くありません。
なので未経験者は大歓迎です。
また学生や主婦、OLなど、幅広く採用されています。

ラウンジレディとはテーブルに着いたお客様と話したりお酌したりするものもあれば
バニーやチャイナドレスなどのコスプレをして踊るようなものもあります。

また、お店が終わった後一緒に食事に行くものまでさまざまです。
お客様が手を握ってきたり肩を触ってきたりするのが
少々気が引けるという方もいらっしゃるでしょう。

しかし高級なお店ではそのようなことはありませんので面接等で
「お客様に触られることはありませんか?」など、質問をすると良いでしょう。

ラウンジレディをやると時給が良いので私生活が快適になります。
また、ほとんどが夜のお仕事ですので、午前中はゆっくりくつろぐことが出来ます。
出勤前にお店の近くのミュゼ難波店に行ってからお茶してのんびり出勤も可能です。

またお昼は会社で働いて夜はラウンジレディとかけもちでやっている方もいらっしゃいます。
お店によってはかけもちで働いていると、数時間やシフトを変えてくれると言われており
働く方にとても優しい職場があります。

私生活をもっと豊かにしたいのでしたらラウンジレディに目を向けて見るのも良いでしょう。

着飾ってゴージャスな方や清楚な方など、さまざまな人がラウンジレディで働いています。
今まで出会うことのないであろう方たちに出会って、
自分自身を成長させる場所になるはずです。

ラウンジとスナックの違い

ラウンジとスナックは雰囲気は似ているように感じますが実は違います。

ラウンジとは本来、社交を交える場として使われる集会場のような意味です。
カウンターでお酒を楽しむスタイルのお店や料理も楽しめる雰囲気のお店から
高級なメニューの提供が基本のお店までラウンジはサービスの内容の幅が広く違うので
利用する料金も大きく違いがあります。

比べてスナックは、軽く食事をとることが目的とされる飲食の場という意味合いのお店です。
軽く食べられる料理などが提供されている他に
お酒を楽しむことができる場として昔からあります。

ここで多くの方が疑問とされているのは、
酒場にて女性が接待サービスをするか否かということですが、
ラウンジもスナックも内容は飲食を楽しむことが基本の目的内容なので、
ラウンジもスナックも女性の接待サービスの有無に関しては
どちらも無いことに違いは無いということになります。

一方それでは女性の接客サービスが行われる酒場というのはクラブ系のお店で、
利用客の席の隣に女性が接待して一緒にお酒を飲むという行為があるスタイルになります。

しかしこの女性の接待サービスは、
クラブ系のお店であればどのお店も可能というわけではなく、
お店側で風俗免許を取得した上で許認可があるお店というのが条件です。

このように、お酒を楽しむ場としてラウンジとスナックは似ているように感じますが、
違うところが合ったり、同じだったりと複雑です。
違いを知っておくことで、どのようなスタイルで楽しみたいかによってお店選びができます。

また、ラウンジやスナックで働くなら、ドレスを着ることもあるので
ナイトワークを考えるときは、事前に
ミュゼ高松店のような脱毛サロンに通っておいた方が賢明でしょう。

ラウンジレディのお給料

syanpan.jpg

ラウンジレディは、街中のクラブやパブ、スナックなどの店舗で働く女性の総称です。
近年では、ラウンジレディに求められる能力がさらに高くなってきており、
各店舗では会話が得意であったり、人の気持ちを理解できる人材が好まれます。

このような職業に就く女性は、給料が高い傾向がみられ、
少しでも賃金の高い店舗を転々とする人も珍しくはありません。

ラウンジレディの給料の特徴としては、時給制や日給制などが用意されており
各店舗の定める基準や従業員の希望などに応じて支払いが行われます。

都市部の有名な飲食店においてはラウンジレディの質がとても高いことが知られています。
こうした店舗では、優秀な従業員を採用するため、勤務条件の改善が行われており
経験豊かな人材が集まりやすいといえます。

ラウンジレディとして勤務を希望しているときには、
面接に臨む前に各店舗の担当者に具体的な給料の支払い方法について
尋ねてみることも有効です。

ラウンジレディの経験は、様々な接客業に活かすことができ
女性としての魅力を高めることにもつながります。

そして、何らかの目標を持つ女性にとっては、
一定期間、ラウンジレディの仕事をすることで
スムーズに貯蓄ができることが人気の理由として挙げられます。

例えば、ダイエットしたい!や脱毛したい!などの願望も
ラウンジレディならすぐにお金が貯まるので
自らすぐに叶えることができるでしょう。
参考⇒<ミュゼの全身脱毛>

全国の飲食店では、営業利益の増加につなげるため、
各店舗の雰囲気やシステムなどにぴったりの女性を従業員として
雇入れることが重要な課題として取り扱われています。

ラウンジでママになるには?

女性特有の仕事と呼ばれるものには非常に多くの種類のものがありますが、
その中でも、いわゆる夜のお仕事と呼ばれるものは一般的な仕事に比べ、
その内容に大きな違いがあるものの、収入が良かったり
また普通の仕事とは違った人脈を作ることができるなど、
人によってはメリットの多いものです。

そうした中でもラウンジレディと呼ばれる職種は、
基本的にはお客様とお酒を飲みながらお話しすることを楽しんでもらうというスタンスで
あくまでも男性客をもてなすということに重きを置いている職種となります。

数多くのラウンジレディを雇用する所謂その店のママと呼ばれる立場の人は、
接客などのスキルはもちろん、常連客のリピート率を上げる話術や
お客の無理難題をさらりと躱すような立ち居振る舞いなど
多くの技術や経験が必要になるものです。

大抵ラウンジレディの中でママと呼ばれる人は、
その店の経営者や店長であることが多いので、
お店の運営に関する知識や判断力にも長けている必要があります。

ラウンジでママになるには、こうした基本的な経営の知識などの他、
人脈や物腰など、多くの要素に磨きをかける必要があります。

ママになるには、言ってしまえば自分で開店をしてしまうのが一番早い方法ですが、
より安定した開業をするのであれば、ラウンジレディとして勤務しているうちから
パトロンとなるような常連客を密かにキープしておくということも大切です。

また、開店には資金も必要になってきますのでプロミスから50万円以上
借りる方法など調べて知っておくと、とても大切な知識になってくるでしょう。

こうした業界でいっぱしのママになるには、
抜け目なく周りを利用するという頭の回転の速さも非常に重要となります。

ラウンジレディのマナー

ラウンジレディはマナーがとても大切です。
マナーがなっていないだけで、お客さんが不快な思いをしてしまうことも少なくありません。

たとえお客さんが酔ってしまっても、きちんとお酒を作ってあげたり、
お酒をついであげることが大切です。
お客様がどんな人であっても、全員特別な人と思って接することが必要です。

テーブルが汚れたら、そのままにしないですぐに拭くなど、
基本的なマナーができていなければ、ラウンジレディとして働くことができません。

さらにラウンジレディは、常に笑顔が大切になってきます。
いつも笑顔でいることで、お客さんも一緒にいて居心地がいいと感じてくれるのです。
きちんとしたマナーが身についていて、笑顔も素敵であれば誰でも働くことができます。

また、毎回お店に来てくれるお客さんも中にはいます。
そんなお客さんの場合は、お酒お好みなどいろいろと覚えておくと喜ばれます。
喜んでもらえることができれば、何度でもお店に通ってくれるものです。

また、お店にはいろいろな職業のお客さんが来られるものです。
そのため、それぞれのお客さんに合った対応をすることも必要です。

お客さんには、見栄っ張りなお客さんもおられます。
そんなお客さんには、話しをきちんと聞いてあげることが大切になります。
プライドが高かったり、傷つきやすい人が多いので、
そのようなお客さんには共感してあげることが一番なのです。

いろいろな人と気持ちよく過ごすためにも、
ラウンジレディは基本的なマナーを守り、常にお客さん第一で考えることが大切なのです。

ラウンジレディってなに?

最近では、キャバ嬢などという言葉のほうが良く使われるようになっていますが、
一昔前まではラウンジレディやカウンターレディ、ホステスなどの言葉が一般的でした。

ラウンジレディとはスナックやラウンジなど、主に男性がお酒を飲む場所で
横や前に座り給仕やお話の相手をするホステスのことで、
カウンター越しに接客するカウンターレディとは少し密接度が違うため
時間給も高めの設定となっていることが多いようです。

rounji.jpg

もう少しチャージ料なども高めとなるクラブで接客をする女性たちも、
ラウンジレディやホステスといわれることも多いですが、
クラブのほうが来客の質もレベルが少し高くなるので
適度な距離感を持ち話をするなど、
落ち着いた接客を好まれるお客さんのほうが多いと言えそうです。

やはりスナックやラウンジのほうが、大衆的なお客さんが多く、
それだけ接客する女性にも密着したり、
和気あいあいとした雰囲気を求める方が多いと言えるようです。

やはりお酒の席では、男性は女性と楽しくお話をしながら飲みたいと考える人が多いようで
仕事上の付き合いのある方を接待する目的で来店されることも多いようです。

ラウンジレディなどホステスとは、
ただ横に座って話に合わせていればよいと思われがちですが、
それは全くの勘違いで、話術にたけていなければとても成り立たない職業です。

容姿が美しい女性なら黙っていても良いと考えるのはあまりにも無知で、
この業界では顔よりも中身が備わっていなければまず無理な厳しい世界なのです。