ラウンジレディのマナー

ラウンジレディはマナーがとても大切です。
マナーがなっていないだけで、お客さんが不快な思いをしてしまうことも少なくありません。

たとえお客さんが酔ってしまっても、きちんとお酒を作ってあげたり、
お酒をついであげることが大切です。
お客様がどんな人であっても、全員特別な人と思って接することが必要です。

テーブルが汚れたら、そのままにしないですぐに拭くなど、
基本的なマナーができていなければ、ラウンジレディとして働くことができません。

さらにラウンジレディは、常に笑顔が大切になってきます。
いつも笑顔でいることで、お客さんも一緒にいて居心地がいいと感じてくれるのです。
きちんとしたマナーが身についていて、笑顔も素敵であれば誰でも働くことができます。

また、毎回お店に来てくれるお客さんも中にはいます。
そんなお客さんの場合は、お酒お好みなどいろいろと覚えておくと喜ばれます。
喜んでもらえることができれば、何度でもお店に通ってくれるものです。

また、お店にはいろいろな職業のお客さんが来られるものです。
そのため、それぞれのお客さんに合った対応をすることも必要です。

お客さんには、見栄っ張りなお客さんもおられます。
そんなお客さんには、話しをきちんと聞いてあげることが大切になります。
プライドが高かったり、傷つきやすい人が多いので、
そのようなお客さんには共感してあげることが一番なのです。

いろいろな人と気持ちよく過ごすためにも、
ラウンジレディは基本的なマナーを守り、常にお客さん第一で考えることが大切なのです。