ラウンジとスナックの違い

ラウンジとスナックは雰囲気は似ているように感じますが実は違います。

ラウンジとは本来、社交を交える場として使われる集会場のような意味です。
カウンターでお酒を楽しむスタイルのお店や料理も楽しめる雰囲気のお店から
高級なメニューの提供が基本のお店までラウンジはサービスの内容の幅が広く違うので
利用する料金も大きく違いがあります。

比べてスナックは、軽く食事をとることが目的とされる飲食の場という意味合いのお店です。
軽く食べられる料理などが提供されている他に
お酒を楽しむことができる場として昔からあります。

ここで多くの方が疑問とされているのは、
酒場にて女性が接待サービスをするか否かということですが、
ラウンジもスナックも内容は飲食を楽しむことが基本の目的内容なので、
ラウンジもスナックも女性の接待サービスの有無に関しては
どちらも無いことに違いは無いということになります。

一方それでは女性の接客サービスが行われる酒場というのはクラブ系のお店で、
利用客の席の隣に女性が接待して一緒にお酒を飲むという行為があるスタイルになります。

しかしこの女性の接待サービスは、
クラブ系のお店であればどのお店も可能というわけではなく、
お店側で風俗免許を取得した上で許認可があるお店というのが条件です。

このように、お酒を楽しむ場としてラウンジとスナックは似ているように感じますが、
違うところが合ったり、同じだったりと複雑です。
違いを知っておくことで、どのようなスタイルで楽しみたいかによってお店選びができます。

また、ラウンジやスナックで働くなら、ドレスを着ることもあるので
ナイトワークを考えるときは、事前に
ミュゼ高松店のような脱毛サロンに通っておいた方が賢明でしょう。